避妊薬としての低用量ピルの効果、使用方法、注意点など

949f2fbba4e2985b74a28a960dbac606_s

「ピル」と聞けばたいていの大人の人はどのようなものなのか、わかると思います。
女性が避妊薬として毎日服用するものを「ピル」、正式名称:低用量ピルと呼ばれています。

まず、効果についてです。知られている通り、避妊が出来ます。望まない妊娠を避けることが出来ます。
「今月まだ生理が来ない!妊娠しちゃったのかな?」という不安的ストレスから逃れることが出来ます。

また生理が始まる日が分かります。
「そろそろ生理が来るかな?今月はいつ来るかな?」という見えない不安からも解消され、憂鬱な生理期間の心の準備、行動計画が出来ます。

それだけでも大きな効果だと思いますが、さらにメリットもあります。服用し続けていると経血量が減ります。
トイレの回数も減り、漏れる心配もなくなります。

そして多くの女性が毎月悩んでいる生理痛も軽くなります。

使用方法です。
シート状に並んでいるカプセル錠を毎日決まった時間に服用します。1錠ずつ順々に飲みます。
私は服用経験が有りますが、飲むことを忘れないために、携帯電話のアラームを使っていました。23時に設定し、飲み忘れを防止していました。
1錠は小さいので飲みやすいです。

デメリットはもちろんあります。副作用です。
人によってまちまちですが嘔吐、頭痛などが一般的です。私は最初の3日だけ吐き気がありましたがその後はまったくありませんでした。
低用量ピルは産婦人科で処方してくれ、とても詳しく使用方法、注意点を教えてくれます。ドクターもピルの服用を勧めていました。私も使用していてよかったことしかありません。
1か月3000円しないのでお財布にも優しいのがいいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ