低用量ピルとアフターピル

diane35-india_l

低用量ピルは今第3世代の時代になっており、ダイアン35が代表的なお薬です。
アンドロゲン作用を抑える種類の黄体ホルモンを含有したものです。

アフターピルはプリベンが代表的なお薬です。
ダイアン35もブリベンも医師の診察を経てご使用ください。医師の処方によって服用されるのが安全です。保険は効きませんが誤った使用法は危険です。

日本では低用量ピルのご使用が一般的です。
緊急の場合以外は低用量ピルをお勧めします。

低用量ピルダイアン35は7日間は服用しない期間とし21日日間は連続して服用ください。
服用したことを表すようにカレンダーなどへの記録をしましょう。

アフターピルのプリベンは性行為後すぐ飲みます。

ダイアン35もプリベンも副作用があります。
めまい、発疹、発赤などの症状が起きたら医師の診察を必ず受けてください。

その他女性の体は敏感ですので、普段と違ったことが起きたら必ず医師の診察を受けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ