低容量ピルの避妊以外の嬉しい効果まとめ

女性

ピルは避妊薬として知られている経口避妊薬です。

世界でのピルの使用率はヨーロッパ;30~50%・アメリカ;15%・アジア;5%ですが日本では約1%に過ぎません。

先進諸国のなかで唯一日本だけ、中絶の数や卵巣がんの患者数が増えているのです。

その理由は、ピルの服用率にも関係しているといいます。

ピルのメリットは避妊だけではありません。

そこで、その他にあるピルの効果をご紹介します。


生理周期

①生理不順が解消され、28日周期で生理がきちんとくるようになります。

ピルを服用することで生理がきちんと来るようになり、不順が解消されます。

また、生理の開始日を調節できるので旅行などのイベントごとを避けることが可能になります。


生理痛

②生理痛やPMS(月経前症候群)が軽くなり、出血量が少なくなります。

不妊の原因にもなる子宮内膜症を、予防・改善する働きもあります。


肌荒れ

③ホルモンバランスの改善による副効用で、にきびや多毛などの改善ができます。

低用量ピルのに含まれている2種類のホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが肌の調子を整えてくれる性質を持っていて大人にきびの原因を解消してくれる効果が期待できます。


ピルには避妊以外にこのような効果があります。

たくさんの人がこのようなメリットを知りピルを服用する人が増え、もっと楽しいライフプランを立てていけるようになったらいいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ