ピルの仕組みと私のピル体験談

291401

ピルは主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンからできている薬です。

ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンはまず排卵を抑制し、その結果避妊効果が高くなります。
また、ピルは子宮頸管粘膜の質を変化させ、精子の侵入を妨害、さらに子宮内膜を薄く保つために着床しにくい状態にします。避妊効果に加え、月経が軽くなったり、毎月きちんと決まった時期に月経を起こすことが出来るため、月経過多や月経痛の緩和、ニキビや多毛症の改善など、様々なメリットがある薬です。

ピルにはさまざまな種類があります。
使用目的によって、服用するピルの種類がちがってきますから、必ず医師との相談の上使用するようにしましょう。

ピルの服用からしばらくは、不正出血や乳房痛、悪心などの症状が見られることがあります。
しかし、ピルは飲み続けることで副作用の症状が改善してきますし、種類も豊富なので自分にあったピルを見つけることが大切です。

著者もピルを使っています。ホルモン量の少ない低用量ピルは使用していても何も問題はありませんでした。
よく聞く、吐き気などもなく、飲んでいて今まで不快な症状はありません。生理も軽くなって、とても快適に使っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ